ぶらっと京都歩き

京都・滋賀の街並み、史跡を歩いた記録です

太秦~映画好きなら行ってみたい京都時代劇撮影のメッカ

太秦というと、かつては日活、大映東宝東映、松竹など大手映画会社の撮影所やマキノプロ、坂東妻三郎プロ、片岡千恵蔵プロに代表される独立系プロもあり、時代劇撮影のメッカとしてかなりの賑わいがあったそうです。

現在、東映京都撮影所松竹京都映画撮影所が残っているだけですが、

それでも映画、TV時代劇の撮影は随時行われています。

映画『無限の住人の撮影も東映京都撮影所を起点として行われています。

また東映京都撮影所の一部を「東映太秦映画村」として一般公開しています。

 

かつての映画のメッカを示す「大映通り」

かつて大映の撮影所があった通りの商店街は大映通り商店街と呼ばれ親しまれています。

f:id:yasuu_kusayan:20170506095304j:plain

大映通り商店街」の通りはフィルムをモチーフとした歩道が整備されています。

f:id:yasuu_kusayan:20170506100638j:plain

商店街のシンボル「大魔神」像

商店街にあるスーパーの店頭に、かつての大映特撮で人気を博した「大魔神」の像が立っています。

f:id:yasuu_kusayan:20170506111942j:plain

f:id:yasuu_kusayan:20170506112528j:plain

今でも撮影が行われている松竹と東映の撮影所

大映通り商店街の南側に松竹京都映画の撮影所があります。

 

f:id:yasuu_kusayan:20170506112915j:plain

「銀二貫」「猿飛三世」「雲霧仁左衛門」「妻は、くノ一」「一路」「子連れ信兵衛」などのNHK時代劇はこの撮影所を起点として撮影され、

映画作品ではたそがれ清兵衛」「嗤う伊右衛門」「隠し剣 鬼の爪」「ゲゲゲの鬼太郎」「鴨川ホルモー」「種まく旅人〜みのりの茶〜」「忍ジャニ参上! 未来への戦い」
超高速!参勤交代などの撮影が行われています。

 

少し離れて、JR太秦駅京福電鉄北野線撮影所前駅近くには東映京都撮影所があります。

f:id:yasuu_kusayan:20170506120538j:plain

f:id:yasuu_kusayan:20170506112932j:plain

ここではTV放送番組ではサスペンス2時間ドラマの撮影が中心。映画では「無限の住人」のほかには銀魂」「男たちの大和/YAMATO」「大奥 (2006年)」などの大作の撮影が行われました。

今回、松竹、東映の撮影所の前まで行きましたが、残念ながら有名人に会うことはできませんでした。

 

太秦の古刹としては広隆寺が有名で、平安遷都以前からあった京都最古のお寺だそうです。

平日ということもあり、観光客もほとんどいませんでした。広い境内はとても静かでした。

f:id:yasuu_kusayan:20170506115511j:plain

f:id:yasuu_kusayan:20170506120342j:plain

京都駅から太秦へ行くにはJR太秦駅で下車

今回、僕はJRで嵯峨嵐山へ行って、そこから徒歩で車折神社を経て、太秦へ入りましたが、直接太秦へ行くには京都駅からJRで行くのがいいです。嵯峨野線で15分程度で着きます。

 

f:id:yasuu_kusayan:20170506120507j:plain

 

 

今さら嵐山ですが

京都の西に位置する観光スポット嵐山。

かつて1980年代にはタレントショップが乱立していたのですが、今は姿を消しました。

それでも人気は衰えない、京都ナンバーワン観光名所です。

今さら紹介するような場所ではないですが、京都案内には外すことができないので。

今回は久しぶりに竹林を観たくなり、京都駅からJRに乗って訪問しました。

 

京都駅からJR嵯峨野線嵯峨嵐山駅まで時間にして約16分。

平日の午後9時過ぎなのに電車は随分混んでいました。

京都駅を出て、丹波口、二条、円町、花園の4つの駅を過ぎて、5つめの駅が嵯峨嵐山

近づくにつれて緑が多くなってきました。

 

JR嵯峨嵐山駅。観光地らしい佇まいの駅舎です。

f:id:yasuu_kusayan:20170505193000j:plain

嵯峨嵐山駅を出て、右手の小路に回り、メインストリートを抜け、「竹林の道」に続く小路に入りました。

狭い通りに行き交う人の流れがかなり多いので、ぶつからない様に歩かないといけません。

小路を進むと、両側が竹林に囲まれてきました。

f:id:yasuu_kusayan:20170505193855j:plain

空を覆うように伸びる竹林。見上げると、緑色に染まった空間がありました。

f:id:yasuu_kusayan:20170505193919j:plain

 

韓国のアイドルグループが撮影にきていました。MVでしょうかね?

f:id:yasuu_kusayan:20170505193940j:plain

 

竹林の道を後にして、メイン通りを南へ進みました。

嵐山と言えば、この渡月橋ですね。

f:id:yasuu_kusayan:20170505194043j:plain

桂川沿いの満開を過ぎた桜がきれいでした。

f:id:yasuu_kusayan:20170505194102j:plain

 

本稿は2017年4月14日に散策した記録です。

車折神社と芸能神社でエンタメ関連の仕事祈願

車折神社へ行ってきました。
芸能関係の神様だと聞いていましたので、音楽とか映画とかエンタメ関連のブログを開設しているので、少しでもご利益があればと。

先に嵐山を散策したので、嵐山方面から三条通りを東方向に約1キロ歩いていきました。

車折神社のみを目的とするなら、京福嵐電車折神社で下車したらすぐに境内に入れます。

f:id:yasuu_kusayan:20170415215129j:plain

僕はずっと「くるまおれじんじゃ」って思っていたのですが、「くるまざきじんじゃ」という名前なんですね。

祭神は清原頼業(きよはらのよりなり)。平安時代末期に高倉天皇に仕えていた学者です。

神社の門に掲げられた木製の案内板によると、

むかしある貴人が牛車に乗って、この社前を通ろうとした時、たちまち牛が倒れ、車が折れたので車折神社とよばれるようになったといわれている。昔から商人がこの神社の小石を持ち帰り家に納め満願の際、この石数を倍にして神社にかえし商取引の違約のないよう祈る慣わしがある。

牛車の車が折れたから車折か。割と簡単な理由で神社名が付いたものですね。

 

本殿前にはたくさんの祈念神石と呼ばれる石が積んでありました。

f:id:yasuu_kusayan:20170415222202j:plain

祈願が叶うと石を奉納するとのことです。

f:id:yasuu_kusayan:20170415222427j:plain

立て看板は石を持ち帰らないようにと注意を促しています。

f:id:yasuu_kusayan:20170415222720j:plain

本殿の全容です。ご利益は金運、良縁、厄除け、学業。特に「約束を違えないこと」を守ってくださるそうで。約束を守ることで、金運、良縁、厄除け、学業が成就するそうです。

f:id:yasuu_kusayan:20170415222921j:plain

車折神社を清めるパワーストーンがある「清めの社」。円錐の立砂は石をモチーフとしているそうで、車折神社祈念神石も含め、石と深い関りがあるようです。

f:id:yasuu_kusayan:20170415224031j:plain

 

芸能関係従業者の守り神『芸能神社

f:id:yasuu_kusayan:20170415231846j:plain

車折神社の境内に『芸能神社』があり、本殿の少し手前に鎮座されています。今日はこの神社目当てに参拝に来ました。

芸能関係の守り神ということで、今までにたくさんの芸能人が参拝にきているようです。テレビ、雑誌などメディアにもよく取り上げられる有名な神社です。僕もメディアで知って、参拝に来ているわけなんですが。

この神社の特徴は名前を記載した赤い玉垣です。参拝に来たたくさんの芸能関係の方の玉垣がありました。

 

f:id:yasuu_kusayan:20170415232006j:plain

玉垣の数は数えきれないほど

境内にある玉垣は数えきれないほどで、その中には超有名な役者、シンガー、コメディアンの方もあれば、名前を知らない方のもありました。

多すぎて、駐車場にまで続いています。

f:id:yasuu_kusayan:20170415233310j:plain

 

エンタメ関係の記事のライティングが上手くなるように祈願してきました。

はたして願いは叶えられますでしょうか?

京都の桜・僕の好きな桜の散歩道~哲学の道

哲学の道の桜も見事ですね。

今年はまだ咲き始めたばかりで、見頃は来週末あたりでしょう。

画像は昨年(2016年)4月2日に撮影したものです。

 

王子神社から琵琶湖水沿いに銀閣寺まで続く訳1.5キロが哲学の道

桜のシーズン以外はわりと静かな道ですが、

桜のシーズンにはかなりの人出となります。

外国人観光客がかなり多いです。人出の半分くらい外国人って思えるほど。

 

f:id:yasuu_kusayan:20170402194329j:plain

 

f:id:yasuu_kusayan:20170402194418j:plain

 

桜の下で抱擁する外国人カップルもいました。

見ていて、照れくさいですね。

 

f:id:yasuu_kusayan:20170402194517j:plain

 

(たぶん海外の)旅行会社の企画で、結婚式を上げているカップルもよく見かけます。

 

f:id:yasuu_kusayan:20170402194547j:plain

京都の桜・僕の好きな桜の散歩道~蹴上インクライン

今年のソメイヨシノの開花が例年に比べると1週間ほど遅れています。

昨年は4月2日頃はほぼ満開でした。

画像は昨年(2016年)の4月2日に蹴上インクラインで撮影したものです。

今年はやっと咲き始めたところ。3月が寒かった影響でしょうかね?

 

f:id:yasuu_kusayan:20170402190826j:plain

僕は毎年、桜の時期にはインクラインを訪れます。

近くに地下鉄蹴上駅あり、駅から近い場所にあるのが魅力です。

インクライン南禅寺哲学の道

と桜の名所をはしごすることができます。

 

インクライン約580メートルには約90本のソメイヨシノが植えられ、満開になった桜は見応えがあります。

 

f:id:yasuu_kusayan:20170402190918j:plain

 

びわ湖開き2017~観光船ミシガン1日船長はNHK連ドラ『べっぴんさん』の君ちゃん

今日、3月の第二土曜は「びわ湖開き」。今年で62回を迎えます。

大津京遷都1350年の節目にあたることから、三日月滋賀県知事を始め、越直美大津市長や関係スタッフなどが万葉衣装に身を包んでの参加です。

開会式会場になっているびわ湖大津館へ足を運んだのですが、予想していたより見物客は少なかったです。3月半ばにしては冬のような寒さでしたからね。

見物客は館内へ入ることができなかったので、庭園から様子を眺めていました。

消防音楽隊によるブラスバンド演奏、知事、来賓の挨拶などが聞こえました。

東日本大震災があった3月11日ということもあって、亡くなられた方々への黙祷も捧げられたようです。

 

f:id:yasuu_kusayan:20170311231618j:plain

湖上パレードが行われ、新人女優が観光船ミシガンの1日船長を務めます。

主にNHK朝ドラの出演者がゲストで呼ばれ、今年は『べっぴんさん』で主役の友人・村田君枝役の土村芳さん。

会場からミシガンに乗船する道中で、姿を拝見することができました。やっぱ女優さんはきれいですね。

過去、1日船長を務めた女優さんは大女優になって活躍しています。

竹内結子さん、石原さとみさん、村川絵梨さん、松岡茉優さん、そして昨年は吉岡里帆さん。

土村芳さんもこれからどんどん活躍されることでしょう。

f:id:yasuu_kusayan:20170311233949j:plain

ミシガンから見物者に手を振る土村芳さん。両隣は三日月知事と越市長。

f:id:yasuu_kusayan:20170311231641j:plain

びわ湖の真ん中あたりで、黄金の鍵が湖上に投げられました。

f:id:yasuu_kusayan:20170311231648j:plain

土村さんは学生時代は京都で過ごし、びわ湖には自主制作映画の撮影で来たことがあるとか。

岩手県に実家がある彼女は、京都からの帰省途中で震災に会い、仙台で9時間も新幹線に閉じ込められたとか。

NHKのインタビュー映像の中の彼女は当時を思い出して、東北にも早く春が来るようにと答えておられました。

 

鴨川デルタ~京都のデートスポット

鴨川デルタは京都散策ではよく訪れる場所のひとつです。


京都市街を八瀬方向から流れる高野川と鞍馬方向から流れる賀茂川が合流し、三角洲となった地点が鴨川デルタです。
ここから南が鴨川となり、京都市街を流れます。
三角洲の北側に見える森が糺の森。その向こうに下鴨神社が鎮座。京都のパワースポットとして注目されています。

市街地の中心から少し離れた場所なので、いやになるほどの人の流れはなく、落ち着て京都散策が楽しめます。

 

f:id:yasuu_kusayan:20170226142716j:plain

 

ここは京都のデートスポットのひとつ。いつ来ても男女のペアの姿が見られます。家族連れも多いです。

 

f:id:yasuu_kusayan:20170226142632j:plain

川の東岸から西岸に飛び石が置かれ、ここを踏んで向こう岸に渡れます。

f:id:yasuu_kusayan:20170226142616j:plain

飛び石は亀の形や千鳥の形をしていて、子供たちにとっては遊園地のようです。

f:id:yasuu_kusayan:20170226142554j:plain

 

鴨川デルタは映画のロケでもよく使われる場所です。最近の作品では『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』に登場しています。

 


「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」予告