ぶらっと京都歩き

京都・滋賀の街並み、史跡を歩いた記録です

没後150年、龍馬の軌跡を辿る

旧暦の11月15日は坂本龍馬が近江屋で暗殺された日です。

新暦では12月10日で、来月となりますが、昨日11月15日にも龍馬に関する話題がネットニュースで流れていました。

今まで京都市中を散策してきて、龍馬ゆかりの場所はいくつか訪問しています。

その中から有名な場所をピックアップして紹介します。

随分前に訪問した場所もあり、当時は画素数が少ないコンデジで撮影した画像のため、画質がいまいちのものもありますが、その辺はご勘弁を。

 

伏見にある寺田屋。(2010年5月撮影)

f:id:yasuu_kusayan:20171116212340j:plain

伏見は淀川と高瀬川を結ぶ大阪から京都を繋ぐ水路の中間地点にあり、当時はとても賑わいがある街だったそうです。

寺田屋薩摩藩指定の船宿でしたが、龍馬も定宿にしていました。

ここで龍馬は伏見奉行所の役人に襲撃を受け、手にかなりの深手を負い、命からがら薩摩藩邸へ逃げ込みます。(寺田屋事件

のちに妻となるお龍とこの場所で出会いました。

襲撃のときに、入浴中のお龍が裸のまま龍馬に急を知らせたという有名な逸話があります。

 

三条木屋町 酢屋

f:id:yasuu_kusayan:20171024211343j:plain

京都滞在中の龍馬が隠れ家にしていた材木商で、海援隊京都本部となった場所です。

現在は1Fは店舗、2Fは龍馬のギャラリーとなっています。

www.kyoto-suya.co.jp

 

四条河原町 近江屋跡

f:id:yasuu_kusayan:20171116212436j:plain

龍馬が酢屋の後に隠れ家にしていた醤油商で、現在建物は存在していません。

石碑と案内板が設置されているだけです。

ここで龍馬は1867年11月15日(新暦12月10日)暗殺されました。

暗殺実行犯は京都見回り組と言われていますが、暗殺を指示した黒幕は未だにわかっていません。

霊山護国神社内 坂本龍馬の墓(2009年11月撮影)

f:id:yasuu_kusayan:20171116212646j:plain

坂本龍馬と一緒にいた中岡慎太郎が共に埋葬されている墓です。

拝観料300円で誰でも参拝することができます。

www.gokoku.or.jp

鴨川沿いの旧花街 先斗町

先斗町と言えば京都中心街にある飲み屋街。

その昔、花街として芸妓、娼妓が居住したそうですが、

現在は乞洒落た飲み屋が立ち並ぶ京都のグルメスポットになっています。

 

先斗町の由来は京都先斗町のれん会のサイトによれば、

先斗町の語源については、東が鴨川(皮)、西が高瀬川(皮)、皮と皮にはさまれた鼓を叩くとポンと音がするのをモジって、
ポント町の名が生まれたとも、ポルトガル語のPONTからきているとも言われています。

www.ponto-chou.com

f:id:yasuu_kusayan:20171115221204j:plain

僕は京都で長年働きながら、先斗町で飲んだことがないです。

もともと付き合い程度しか飲み屋へ行くことがないので、こういう場所にはとんと縁がない。

ですから軒を並べるお店の印象とか料理のコメントができないのが残念です。

いつかお金と時間の余裕ができたら入ってみたいと思っています。

 

f:id:yasuu_kusayan:20171115222011j:plain

夏になれば、鴨川沿いに納涼床が組み立てられ、鴨川の景色を眺めながら京料理を満喫できます。

f:id:yasuu_kusayan:20171115222044j:plain

通りには歌舞練場があり、春には『鴨川をどり』が開催され、芸舞妓の華やかな舞台を鑑賞することができます。

www.kamogawa-odori.com

f:id:yasuu_kusayan:20171115222106j:plain

四条大橋出雲阿国像は歌舞伎のルーツ

四条大橋の東岸、川端通沿いに出雲阿国像が設置されています。

慶長8年(1603年)にここ四条河原で出雲阿国率いる一団が現在の歌舞伎のルーツと言われる踊りを披露したところ。

1603年といえば、徳川家康江戸幕府を開いた年。

265年に渡る太平の世が始まる年に出雲阿国は歌舞伎を始めたんですね。

 

四条通を挟んだ向かい側には歌舞伎の殿堂京都南座があります。

僕は歌舞伎は観たことがなく、当然、南座も入ったことはありませんが、

この場所で伝統的な日本の芸能が始まったと思うと、何か感慨深いものを感じます。

 

f:id:yasuu_kusayan:20171114205323j:plain

 

f:id:yasuu_kusayan:20171114205343j:plain

 

京都南座(2015年9月撮影)現在は耐震工事検査のため休館中です。

f:id:yasuu_kusayan:20171114211701j:plain

カラフルなくくり猿が願いを叶える~八坂庚申堂

八坂の塔のすぐ近くに八坂庚申堂という寺院があります。

正式名称は「大黒山延命院金剛寺」。

僕は八坂通りを通過するときはいつも立ち寄ります。

 

f:id:yasuu_kusayan:20171113202025j:plain

この寺院の特徴は「くくり猿」と呼ばれるカラフルな布地で作られた猿のお人形さん。

お人形さんが境内の至る所に吊るされているのです。

欲望のままに行動する猿をくくりつけることで、自らの欲望を封印して、その代わりに願いが叶えられるという信仰があります。

休日のため境内にはたくさんの若人が集まっていました。

カラフルな「くくり猿」はインスタ映えがしますね。

SNSで拡散されたことで、この寺は若い人たちの注目を集めるようになりました。

 

https://www.instagram.com/p/BbZaksjlJtg/

八坂庚申堂。欲を捨てると、願いが叶う。境内には欲をくくりつけた色取り取りのくくり猿がたくさん吊るされています。#kyoto #八坂 #八坂庚申堂🙈🙉🙊

 

 

 

美しく色付いた東本願寺前のイチョウの街路樹

京都駅前にある東本願寺

烏丸通を挟んだ場所には巨大なイチョウの街路樹が生えています。

11月12日現在、黄色く色付いた巨大なイチョウが見頃を迎えています。

 

京都タワーも入れて、撮影してみました。

曇天ではなく、秋晴れの晴天なら、ブルーの背景で黄色いイチョウの葉が映えたでしょうね。

f:id:yasuu_kusayan:20171112211858j:plain

街路樹の下では記念撮影をする家族連れ、グループがいました。

f:id:yasuu_kusayan:20171112211924j:plain

東本願寺を参拝したあと、イチョウの木の下で癒されるのもいいですね。

 

休日の清水寺界隈は相変わらず人が多いなぁ

11月12日の午後、京都駅から清水寺知恩院祇園を経由して京都駅までまた戻りました。

もちろん徒歩でです。

ブログのタイトル通り、僕は京都はできるだけ歩くようにしています。

歴史のある京都は歩くことで様々な発見があるからです。

それに健康にもいいですし。

 

休日の京都は相変わらず人が多い。

そろそろ紅葉が見頃になってきたこともあります。

 

五条通りから清水寺に向かう五条坂を上がり、松原通に入った辺りはとにかくすごい人通りです。

ゆっくりとした人の流れを追い抜くことができないので、

流れに合わせて歩きました。

f:id:yasuu_kusayan:20171112203532j:plain

清水寺の仁王門前まで行って、一休みしてから再び松原通りを下りました。

途中、三年坂を下りました。

三年坂の人通りもかなり多いです。

三年坂でカメラを構えるときは坂の上から下に見下ろすようにレンズを向けるようにしないと。

その逆だと盗撮に間違われそうですから。

 

f:id:yasuu_kusayan:20171112203601j:plain

三年坂をそのまま行くと、八坂通りに入ります。

そのまま通りを進むと、八坂の塔が見えてきます。

 

f:id:yasuu_kusayan:20171112203625j:plain

着物姿のお嬢さんたちが塔を背景に記念写真を撮っていました。

清水寺から八坂の塔界隈、人が多いですが、京都の風景を満喫するなら一番の道筋です。

 

こちらは移動しながらその場でinstagramに投稿した画像です。

https://www.instagram.com/p/BbYjFeulCuY/

やっと清水寺到着!#kyoto #清水寺 #japan

https://www.instagram.com/p/BbYmvY0FBA9/

八坂の塔 下から#kyoto #八坂の塔

https://www.instagram.com/p/BbYlWd8Fx2v/

八坂の塔#kyoto #八坂の塔近く

 

八坂の塔、上から見るか?下から見るか?

タイトルがアニメ映画のようですが、

京都東山の八坂通り沿いにある八坂の塔は坂の上にあたる二年坂側から見るのと、

坂の下にあたる東大路通側から見るのとでは印象が違いますね。

見下ろすのと、見上げるのと違いとなるわけで、

見下ろす側は視界が広がり、塔の全体が見え、雄大で華麗に感じます。

見上げる側は視界が狭まり、塔が迫ってくて、重厚に感じます。

 

f:id:yasuu_kusayan:20171106193136j:plain

 

f:id:yasuu_kusayan:20171106193205j:plain

 

上から見るか?下から見るか?

どちらがいいかは人それぞれの感じ方次第。

僕はどちらも好きですが、どちらかというと、上から見る方が好きかな。

 

こちらの画像は今年3月に開催された東山花灯路で撮影した塔をほぼ横から見た画像です。

f:id:yasuu_kusayan:20171106195646j:plain