ぶらっと京都歩き

フォトライターが京都・滋賀の街並み、史跡を歩いたことを綴ったブログです。


受験の神様~北野天満宮

嵐電北野白梅駅で下車して、駅前の交差点を渡り、今出川通を東方向へ進む。

しばらく歩くと北野天満宮一の鳥居に到着しました。

 北野天満宮を参拝するのは久しぶり。子供の受験の時以来です。

 

f:id:yasuu_kusayan:20180423192350j:plain

 北野天満宮のご祭神は平安時代に活躍した菅原道真

全国約1万2000社天満宮、天神社の総本社です。

学問の神様として名が知られていますが、芸事にもご利益があるとのこと。

詳細は公式サイトでご確認くださいね。

kitanotenmangu.or.jp

本神社の神の使いとしてされている牛。

境内には数基の牛の像が祀られています。

像を撫でるとご利益があるとのこと。

参拝客が触るので、像はピカピカの状態です。

f:id:yasuu_kusayan:20180423192422j:plain

 楼門

f:id:yasuu_kusayan:20180423192441j:plain

 三光門

梁の間に日、月、星の三光の彫刻があることで三光門と呼ばれているそうですが、

気が付かなかったです。

 

f:id:yasuu_kusayan:20180423192502j:plain

 本殿前の玉砂利

枠の中に玉砂利が収まっていて、四方に移動しないようにしてありました。

受験シーズンには大勢の参拝客が来ますからね。

今日は修学旅行の学生たちが数グループ来ていました。

タクシーの運転手さんがガイドも兼務です。京都のタクシー運転手さんは歴史の勉強もしておかないといけないのですね。

外人さんが多いから英語や中国語会話もできないと。大変そうですね。

f:id:yasuu_kusayan:20180423192523j:plain

 本殿

日本最古の八棟造(権現造)で国宝です。

慶長12年(1607年)に造営されたもので、とても貴重な建物とのこと。

ここで参拝するのですが、建物を眺めただけでもご利益がありそう。

 

f:id:yasuu_kusayan:20180423192541j:plain

 絵馬掛所

数基の赤い鳥居が目印。奥には「一願成就のお牛さん」が鎮座されていて、撫でると1つだけ願いがかなうそうです。

f:id:yasuu_kusayan:20180423211256j:plain

受験生の願いを書いた絵馬がたくさん掛けてありました。

f:id:yasuu_kusayan:20180423192557j:plain

 裏の社(うらのやしろ)

本殿の背面に御后三柱(ごこうのみはしら)」という御神座があります。

f:id:yasuu_kusayan:20180423211548j:plain

 北野天満宮は本殿だけでなく、境内には他にもたくさんの社がありました。

また菅原道真公が愛した梅もたくさん植えられていて、春先のシーズンにはきれいな梅の花が咲き誇ります。

 

https://www.instagram.com/p/BhgBcw1giLa/

京都北野天満宮#京都 #kyoto #北野天満宮

 

 

アマゾンでも北野天満宮さんのお守りが買えるのですね。便利な時代になったもんです。

でも直接出向いて御参拝するのがいいですね。

 

 

 

嵐山から北野白梅まで嵐電に乗る

 嵯峨野巡りのあと、久しぶりに北野天満宮へ行くつもりでした。

歩けば約6キロの道程。

すでにかなりの距離を歩いたあとで、脚にも疲れが見えていました。

 

そうだ、嵐電に乗ろう!

 

嵐電(らんでん)の正式名称は京福電気鉄道嵐山本線です。

略して嵐電

 嵐電に乗ったのは過去1回だけ。それも短い駅間でした。

今日は北野白梅町駅までゆったりと電車旅しよう。

 

f:id:yasuu_kusayan:20180418210924j:plain

ダイヤは日中は10分間隔、朝の通勤時間帯は5分間隔のようで、結構あります。

ホームは外人観光客ばかりです。海外旅行に来ているみたい。

2両編成の車両は渋い紫色の塗装。京都らしいですね。

 嵐山駅のホームには足湯が

嵐山駅には足湯場がありました。

利用料金はオリジナルタオルが付いて200円。

f:id:yasuu_kusayan:20180418210942j:plain

 運賃は一律220円

運賃はどこまで行っても同じ値段。一律220円です。

普通、ホームに入る際に切符を改札機に通すのですが、スルーして、そのまま電車に乗り込みます。

下車するときに、前部のドアに設置された改札機に入れます。

ICOCAも使えます。

目的地の北野白梅駅までは約20分。

途中、帷子ケ辻駅で乗り換えします。乗り換え電車はすぐにあるので、時間待ちはありません。

 

電車は住宅街を縫うように走ります。

御室仁和寺妙心寺龍安寺等持院と有名な寺院前の駅に停車しながら、終点の北野白梅駅に到着しました。

 

下車するときに改札機にICOCAをかざそうとしたら、

「清算は駅の改札でお願いします」

と駅員さんに注意されました。

しかし、時すでに遅し、ピッという音が。

駅の改札を出るときも、もう一度ICOCAをかざしました。

もしかして、2度清算?

 

randen.keifuku.co.jp

 

 

 

新緑の嵯峨野を歩く/清凉寺

 前回の続き。

yasuu-kusayan.hatenablog.com

 

念仏寺を出てから、帰りはどの道を行くか?迷った末、もう一度人混みの中を竹林の小径を経由するのは躊躇われたので、二尊院を左に折れて、清凉寺を経由することにしました。約1.2キロの道程です。時間にすると15分くらい。

 嵐山側からは仁王門から入ることになりますが、今回は西門から入りました。

 

清凉寺はお釈迦様と光源氏のお寺

清凉寺は別に嵯峨釈迦堂と呼ばれています。

本尊は寺名の通り釈迦如来浄土宗のお寺です。

 

源氏物語」で光源氏が造営した「嵯峨の御堂」のモデルとされた寺院で、平安時代当時から多くの人々の信仰を集めていたのですね。

 

起源の詳細は引用ルールとかがややこしいので公式サイト

http://seiryoji.or.jp/index.html

を参照してください。

 

画像は仁王門。清凉寺を出る際に撮影。

f:id:yasuu_kusayan:20180417204708j:plain

 境内から仁王門を眺める

嵯峨野のど真ん中にあることから「嵯峨野の顔」と称されるそうです。

確かにかなり存在感があります。

真下から眺めると見事な重厚な造りに圧倒されます。

f:id:yasuu_kusayan:20180417204752j:plain

 境内は結構広いです。

観光客はあまりいませんでした。

嵐山のメイン通りの突き当りになるのですが、ここまで歩いてくる人はいないのかな?

境内奥の庭園に弁天堂があって、秋には紅葉が美しいようですが、今の時期は特に目を引くものがないからかもしれませんね。

f:id:yasuu_kusayan:20180417204732j:plain

本堂(釈迦堂)

釈迦堂とも称します。

国宝の三国伝来生身釈迦如来を安置しています。

 

f:id:yasuu_kusayan:20180417204846j:plain

 多宝塔

多宝塔は色々な寺院で観たことがありますが、この形、僕は好きです。

置物にしたい形ですな。

f:id:yasuu_kusayan:20180417204908j:plain

 

 清凉寺公式サイト

seiryoji.or.jp

 

 

PIXTAで画像を販売しています。

 

新版 古寺巡礼京都〈39〉清凉寺

新版 古寺巡礼京都〈39〉清凉寺

 

 

 

 

新緑の嵯峨野を歩く/あだし野

yasuu-kusayan.hatenablog.com

 

あだし野は江戸時代にタイムスリップしたような気分にさせてくれる

 

前回からの続き。

 

祇王寺からさらに北へ進みました。

しばらくすると、道沿いには綺麗な京町家が建ち並び、昔ながらの京都の雰囲気を味わえます。

ここまで脚を伸ばす観光客も少なく、周囲は静寂に包まれていました。

 

f:id:yasuu_kusayan:20180416193826j:plain

 京菓子や竹細工を売る土産物屋が並んでいます。

まるで江戸時代にタイムスリップしたような佇まい。

こういう雰囲気大好きです。

f:id:yasuu_kusayan:20180416193853j:plain

 あだし野といえば念仏寺

この地は昔、死んだ人を野ざらしで棄てた場所。

念仏寺は野ざらしの遺骸を供養している寺で、境内の西院の河原には8,000体の石仏、石塔が建っています。

今回は境内に入らず、寺の入り口だけ撮影しました。

でも西院の河原は撮影禁止らしいですね。

f:id:yasuu_kusayan:20180416193913j:plain

www.nenbutsuji.jp

 

Instagramにも投稿しています。スマホの方が上手く撮れてますね。

https://www.instagram.com/p/Bhf0lMYgfhC/

京都嵐山あだしの#京都 #kyoto #あだしの

 

 

 

新緑の嵯峨野を歩く/竹林の小径から祇王寺へ

4月13日、平日でしたが、仕事が休みでしたので、一年振りに嵐山を散策しました。

昨年は北側の嵯峨野方面へ行くことができなかったので、今回は嵯峨野方面を中心に散策。

 

嵯峨野といえば竹林の小径。

昨年も竹林の小径を散策しましたが、奥まで行ってUターンしました。

竹林の小径は相変わらず外国人を中心にした観光客でいっぱいで、ゆっくり歩く彼らを追い抜きながら径の奥まで進みました。

f:id:yasuu_kusayan:20180415172015j:plain

 

髪の毛の神様/御髪神社

竹林の小径を抜け、トロッコ嵐山駅の横を通り抜けると、大きな池がありました。

水が抜かれていて、池の底が見えています。

池の西側のほとりに御髪神社がありました。とても小さな神社です。

 

f:id:yasuu_kusayan:20180415172105j:plain

日本で唯一の髪の毛の神社だそうで、髪の健康、理容美容関係の資格試験合格のご利益があるとのことです。

僕も髪の毛が薄くなってきているので、お詣りさせていただきました。

勢いがなくなった頭部に活力が戻ることを願って。

境内に奉納された玉垣は髪関係の有名な企業の名前が連なっています。

 

mikami-jinja.sakura.ne.jp

 

紅葉の名所/常寂光寺

池のほとりの小径を北へ進むと、すぐに常寂光寺があります。

古来から紅葉の名所とされた名刹です。

ここまで来ると竹林の小径の雑踏はなく、とても静かです。

今は花もみじが見頃ですが、今回は境内へ入らず、総門から奥を眺めるだけにしました。

奥へ入るには拝観料500円が必要です。

 

f:id:yasuu_kusayan:20180415172123j:plain

境内の情報は公式サイトで確認できます。

www.jojakko-ji.or.jp

 

俳人向井去来の庵/落柿舎

常寂光寺の総門前を少し歩くと、開けた原っぱがあって、その向こうに落柿舎があります。

松尾芭蕉の弟子・向井去来が営んだ庵で、師匠の芭蕉も滞在し、嵯峨野の名刹を巡ったそうです。

f:id:yasuu_kusayan:20180415172150j:plain

 

www.rakushisha.jp

 

入園料は250円。

舎内には数名の観光客の姿が見えました。

f:id:yasuu_kusayan:20180415172209j:plain

二尊院

柿落舎からさらに北へ進みました。

100メートルほどで二尊院の総門前に出ます。

f:id:yasuu_kusayan:20180415172231j:plain

ここも境内へ入るには500円が必要です。

総門から奥に伸びる参道の脇にはカエデと桜が交互に植えられていて、春は桜、初夏は青もみじ、秋には紅葉を楽しみながら散策ができるようです。

 

f:id:yasuu_kusayan:20180415172249j:plain

nisonin.jp

 

平家物語、悲恋の尼寺/祇王寺

二尊院も総門から眺めただけで通過し、そのまま北へ。住宅街の合間を縫うように200メートルほど歩くと、新緑に包まれた小径になります。

f:id:yasuu_kusayan:20180415172306j:plain

さらに奥へ進むと、祇王寺の看板がありました。

公式サイトによれば

平清盛の寵愛を受けた白拍子祇王が清盛の心変わりにより都を追われるように去り、母と妹とともに出家、入寺した悲恋の尼寺

 とあります。

 

www.giouji.or.jp

 

f:id:yasuu_kusayan:20180415172322j:plain

 石段を上がると、祇王寺の入り口がありました。

拝観料は300円。

中へは入らず、祇王寺を後にして、この後、あだしのへ向かいました。

 

f:id:yasuu_kusayan:20180415172337j:plain

 

www.giouji.or.jp

 

 

本ブログの画像はSONYα6500で撮影しています。

 

 

山科毘沙門堂門跡の桜

4月1日、山科琵琶湖疏水の桜を鑑賞したあと、毘沙門堂門跡へ。

毘沙門堂門跡へは山科琵琶湖疏水を北へ少し歩いたところにあります。

 

f:id:yasuu_kusayan:20180402205020j:plain

毘沙門堂門跡へは昨年の紅葉のシーズンに行きました。

春の桜のシーズンは今日が初めてです。

琵琶湖疏水を巡ったあと、疲れた足で急峻な石段を登るのはかなりキツイです。

仁王門を潜り、境内へ入ると、右手に一切経の桜が見えました。

 

f:id:yasuu_kusayan:20180402205038j:plain

本堂に参拝したあと、本堂横へ回ると、満開の桜が。

f:id:yasuu_kusayan:20180402205100j:plain

宸殿の前には「毘沙門しだれ」と呼ばれる枝垂桜。

寛文5年(1655年)にこの地に寺が再興されて以来約360年もの長い間、咲き続けているそうです。

ソメイヨシノの寿命が約100年とされていますので、360年は驚異的な寿命ですね。

 

f:id:yasuu_kusayan:20180402205119j:plain

 

 

 

yasuu-kusayan.hatenablog.com

 

毘沙門堂門跡公式サイト:

HOME | 毘沙門堂

 

 

 

琵琶湖疏水、琵琶湖から山科へ続く満開の桜は絶景

今年の桜の開花は例年になく早く、京都でも3月末には満開を迎えました。

3月31日に大津の琵琶湖疏水口、翌日の4月1日に山科を流れる琵琶湖疏水沿道を歩きました。

琵琶湖疏水の始まり/滋賀県大津市

 琵琶湖疏水の始まりは滋賀県大津市三井寺近くにある疏水口です。

 近所なので、桜の季節には毎年行きます。

満開の桜は絶景で、滋賀県の桜の名所のひとつになっています。

f:id:yasuu_kusayan:20180401200741j:plain

 この日もたくさんの見物客が来ていました。

年を追う毎に見物客が増えているような気がします。

SNSも影響が大きいでしょう。ここの景色はインスタ映えしますから。

f:id:yasuu_kusayan:20180401200808j:plain


京都山科側の琵琶湖疏水沿道の桜並木は絶景

琵琶湖疏水は途中山科を経由して、京都東山の蹴上まで続いていますが、山科側の沿道は桜並木が続き、シーズン中の満開の桜は見応えがあります。

琵琶湖疏水に行くには、JR山科駅地下鉄東西線山科駅京阪電鉄山科駅で下車し、北方向、毘沙門堂へ向かう道筋を15分ほど歩きます。

f:id:yasuu_kusayan:20180401201102j:plain

沿道にはたくさんの見物客が訪れていました。

中国人を中心とした外国人客もたくさん来ていました。

沿道は約1キロメートル続いています。

沿道は散歩道として整備され、途中には公園、トイレも完備しています。

沿道にはたくさんの花見客がシートを拡げ、宴を開催していました。

f:id:yasuu_kusayan:20180401201124j:plain

琵琶湖疏水のトンネル。

f:id:yasuu_kusayan:20180401201142j:plain

今シーズンから遊覧船が復活しました。

遊覧船に乗船するには予約が必要で、公式サイトから予約ができるようです。

f:id:yasuu_kusayan:20180401201159j:plain

琵琶湖疏水通船復活事業 - びわ湖疏水船【公式】

f:id:yasuu_kusayan:20180401201220j:plain

 

琵琶湖疏水の先は蹴上にあるインクラインです。

昨年4月にアップした記事をご覧ください。

yasuu-kusayan.hatenablog.com