ぶらっと京都歩き

フォトライターが京都・滋賀の街並み、史跡を歩いたことを綴ったブログです。


伏見大手筋商店街を歩く

5月5日に伏見界隈を散策した際に、大手筋商店街を通りました。 閑散としてシャッター商店街化するところが多い中、 この商店街はかなり活気がありました。 2009年3月には中小企業庁が選定する「新・がんばる商店街77選」に選ばれています。 京都の…

幕末の余韻に浸りながら酒処伏見を歩く~坂本龍馬遭難の跡を歩く

江戸時代に京都と大阪を結んだ十石舟や三十石船の京都終着点は伏見港です。 伏見港近くには船宿がたくさんあったそうで、寺田屋もその一軒です。 幕末、寺田屋で大きな事件が二つ発生しました。 一つは薩摩藩尊皇派が島津久光命により粛清された「寺田屋騒動…

幕末の余韻に浸りながら酒処伏見を歩く~宇治川派流十石舟

月桂冠大倉記念館を過ぎると、「べんてんばし」があります。 宇治川派流に架かる橋で、橋の上からは十石舟を見ることができます。 宇治川派流は名前の通り、宇治川から引かれた運河で、1594年豊臣秀吉が伏見城築城のための物資を運ぶために造った運河で…

幕末の余韻に浸りながら酒処伏見を歩く~御香宮神社

5月5日に伏見界隈を散策した際に一番最初に訪問したのが御香宮神社(ごこうのみやじんじゃ)です。 近鉄桃山御陵前駅を降りて、東方向に視線を向けると赤い大鳥居が見えます。 大鳥居を過ぎて、しばらく歩くと、表門があります。 この門はかつて伏見城にあっ…

幕末の余韻に浸りながら酒処伏見を歩く

5月5日、五月晴れの陽気の中、伏見界隈を散策しました。 伏見と言えば、日本酒の三大酒処、兵庫県の灘、広島県の西条、そして京都府の伏見と言われるように、日本酒の酒蔵が集まった京都の酒処です。 また幕末には寺田屋事件、鳥羽伏見の戦いなど様々な事件…

京都の台所~錦市場

錦市場を歩いてきました。 錦市場は京都の台所と呼ばれています。 公式サイトによれば、四百年前の1615年、江戸幕府から魚問屋の称号が許され、魚市場として栄えたのが始まり。 昭和2年に京都中央卸売市場が始まってから今のような商店街に変わったとのこと…

鴨川納涼床が始まりました

今年も二条から五条までの鴨川沿いに納涼床が設置されました。 GWの後半、5月5日は夏のような陽気で、日中は汗ばむほど。 鴨川の河原では、大勢のカップルが腰を下ろして、緩やかな川の流れを眺めて涼んでいました。 納涼床は5月から9月設置 納涼床は5…

北野にある花街~上七軒

北野天満宮の東門を出て、五辻通横の道が上七軒と呼ばれる通りです。 住所でいえば京都市上京区真盛町一帯。 この場所は今でも舞妓、芸妓さんがいる花街と呼ばれる場所です。 京都には祇園甲部、祇園東、宮川町、先斗町、そして上七軒の五つの花街があります…

受験の神様~北野天満宮

嵐電北野白梅駅で下車して、駅前の交差点を渡り、今出川通を東方向へ進む。 しばらく歩くと北野天満宮の一の鳥居に到着しました。 北野天満宮を参拝するのは久しぶり。子供の受験の時以来です。 北野天満宮のご祭神は平安時代に活躍した菅原道真公。 全国約1…

嵐山から北野白梅まで嵐電に乗る

嵯峨野巡りのあと、久しぶりに北野天満宮へ行くつもりでした。 歩けば約6キロの道程。 すでにかなりの距離を歩いたあとで、脚にも疲れが見えていました。 そうだ、嵐電に乗ろう! 嵐電(らんでん)の正式名称は京福電気鉄道嵐山本線です。 略して嵐電。 嵐…

新緑の嵯峨野を歩く/清凉寺

前回の続き。 yasuu-kusayan.hatenablog.com 念仏寺を出てから、帰りはどの道を行くか?迷った末、もう一度人混みの中を竹林の小径を経由するのは躊躇われたので、二尊院を左に折れて、清凉寺を経由することにしました。約1.2キロの道程です。時間にする…

新緑の嵯峨野を歩く/あだし野

yasuu-kusayan.hatenablog.com あだし野は江戸時代にタイムスリップしたような気分にさせてくれる 前回からの続き。 祇王寺からさらに北へ進みました。 しばらくすると、道沿いには綺麗な京町家が建ち並び、昔ながらの京都の雰囲気を味わえます。 ここまで脚…

新緑の嵯峨野を歩く/竹林の小径から祇王寺へ

4月13日、平日でしたが、仕事が休みでしたので、一年振りに嵐山を散策しました。 昨年は北側の嵯峨野方面へ行くことができなかったので、今回は嵯峨野方面を中心に散策。 嵯峨野といえば竹林の小径。 昨年も竹林の小径を散策しましたが、奥まで行ってUタ…

山科毘沙門堂門跡の桜

4月1日、山科琵琶湖疏水の桜を鑑賞したあと、毘沙門堂門跡へ。 毘沙門堂門跡へは山科琵琶湖疏水を北へ少し歩いたところにあります。 毘沙門堂門跡へは昨年の紅葉のシーズンに行きました。 春の桜のシーズンは今日が初めてです。 琵琶湖疏水を巡ったあと、…

琵琶湖疏水、琵琶湖から山科へ続く満開の桜は絶景

今年の桜の開花は例年になく早く、京都でも3月末には満開を迎えました。 3月31日に大津の琵琶湖疏水口、翌日の4月1日に山科を流れる琵琶湖疏水沿道を歩きました。 琵琶湖疏水の始まり/滋賀県大津市 琵琶湖疏水の始まりは滋賀県大津市三井寺近くにある…

かつて京都の遊郭だった島原を歩く

江戸時代の三大遊郭のひとつ島原遊郭があった京都島原あたりを散策してきました。三大遊郭とは、大坂の新町遊廓、江戸の吉原遊廓、京都島原遊郭をいうのですが、京都島原遊郭は日本で最初に公認された遊郭だそうです。 島原の玄関、島原大門。 昔の人は心躍…

宇治を散策、宇治と言えば平等院ですね

3月6日、平日なんですが、お休みをもらって、午前中は病院へ健診。 天気が良かったので、午後から京都散策に出かけました。 伏見稲荷へ行こうとJR奈良線に乗りましたが、久しぶりに宇治へ行きたくなって急遽行先を変更。 京都から宇治へはJRの普通で30分…

東山花灯路2018に行ってきた

東山花灯路2018が3月9日から始まりました。 18日までの10日間、三条通りから五条通りに至る東山一帯で夜間開催されます。 暗い通りを灯籠の幻想的な光が照らし、さながら夢の中を歩くような雰囲気にさせてくれます。 2003年から開催されているこの…

今出川同志社大学と薩摩藩邸跡

今年のNHK大河ドラマは『西郷どん』。 幕末に薩摩藩士であった明治維新の立役者西郷隆盛を主役にしたドラマです。 西郷隆盛は京都に滞在していたとき、坂本龍馬の仲介で、それまで犬猿の仲であった長州藩と薩長同盟を結びました。 それから一気に時代は倒幕…

初めて上賀茂神社(賀茂別雷神社)参拝しました

京都近郊を生活圏としてかれこれ35年近くになりますが、行ったことがない場所が結構あります。 上賀茂神社もそのひとつです。 上賀茂神社は通称だそうで、賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)というのが正式名称だそうです。 神社の由緒とか詳細は公…

明智光秀の栄華を偲ぶ~琵琶湖畔坂本城跡

数年ぶりに坂本城跡を訪問しました。 坂本城は明智光秀が討たれた後、廃城となっているので、現在は琵琶湖岸に石垣のみが残っているだけです。 敷地だった一部の琵琶湖岸は坂本城跡公園になっています。 JR,京阪電鉄の駅からも遠いため、訪れる人も少ない…

久しぶりに日吉大社を参拝

久しぶりに日吉大社を参拝しました。 地元なんですが、なかなか行く機会がなかったです。 神社仏閣というと、京都へ行くことが多いですから。 大津市内にはたくさんの古刹があるのですが、京都に近いものだから、参拝というと、京都へ行ってしまいます。 京…

女性にだけご利益がある神社

京都にはたくさんの神社がありますが、その中でも女性にだけご利益がある神社があります。 一部だけですが、紹介させていただきます。 美人になれる?河合神社 まずは左京の下鴨神社境内糺の森の中にある河合神社。 河合神社 この神社の御祭神は玉依姫命。古…

京都ゑびす神社で商売繁盛を願う

十日ゑびすは過ぎてしまいましたが、遅ればせながら、商売繁盛、金運アップを願って京都ゑびす神社を参拝しました。 京都ゑびす神社は西宮、大阪今宮神社と並んで、日本三大ゑびすと呼ばれています。 「えべっさん」という愛称で親しまれています。 場所は建…

建部大社で開運、出世、必勝を願う

立木観音を参拝した帰り、唐橋前でバスを降り、建部大社へ向かいました。 唐橋前バス停から瀬田川に架かる唐橋を渡って、少し行くと建部大社があります。 建部大社の歴史は古く、675年にはこの地にあったようで、古来から信仰されていた由緒ある神社です…

厄払いと言えば大津の立木観音さん

京滋地区で厄除けと言えば、滋賀県大津市にある立木観音の名をあげる方は多いでしょう。 今日、前年に続き立木観音(正式名称は安養寺)へ参りました。 曇天で時折雪が舞うという生憎の天気。 駐車場の混雑を避けて、バスを使いました。山間の谷を走る道なの…

千日回峰行行者が渡る白川行者橋

平安神宮に参拝したあと、三条通りを西へ歩くと、白川があります。 流れに沿って南へ進み、しばらくすると1本の石橋が目に入ります。 行者橋と呼ばれるこの橋はまた一本橋、阿闍梨橋とも呼ばれ親しまれています。 正式名称は古川町橋です。 行者橋と呼ばれ…

2018年京都初詣 二社目は平安神宮

伏見稲荷参拝のあとは昨年と同じく平安神宮に向かいました。 京阪伏見稲荷駅に続く参道はいっぱいの人。 通りの両側には屋台が並んでいます。 狭い参道なので、通りの人が邪魔で落ち着いて買い物なんかできないでしょう。 伏見稲荷から京阪電車に乗って三条…

2018年伏見稲荷神社へ初詣、正月2日目はやっぱり混んでる!

昨年は正月三が日を避けて、5日に出向いたのですが、 今年は気合を入れて、2日に出向きました。 覚悟はしていましたが、凄く混雑していました。 参道いっぱいに人が流れていきます。 本殿前の参拝客を見ると、怯んでしまうのですが、意外と人の流れは早く…

京都駅構内のクリスマスイルミネーション

クリスマスシーズンになると、京都駅構内にはクリスマスツリーのイルミネーションが登場します。 この場所は今や有名な観光スポットになっています。 今年の設置期間は11月18日から12月25日。 今年のツリーのモチーフはチェコ・プラハの街並み。 京…