読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらっと古都歩き

京都・滋賀の街並み、史跡を歩いた記録です

美人になれる神社・河合神社(下鴨神社)

神社 京都

5月5日は子供の日ですが、同時に立夏でもあり、暦の上では夏が始まります。とてもいい天気だったので、新緑を見に京都・下鴨神社を散策しました。京都駅を降りてから、五条通りに出て、鴨川沿いをひたすら北上。約1時間半かけて下鴨神社境内にたどり着きました。

下鴨神社の南側入り口あたりに河合神社があります。河合神社は下鴨神社摂社のひとつ。御祭神神武天皇の御母神になる玉依姫命(たまよりひめのみこと)で、女性が美しくなりたいという美容に関しての願望や、安産・育児・縁結びなど、女性ならではのお願いごとを叶えてくださる神様なのですね。

 

f:id:yasuu_kusayan:20160506230348j:plain

女性の願いを叶えてくださる神様だけあって、境内は女性ばかりです。男性は付き添いのお父さんやお子さんがいるくらい。

f:id:yasuu_kusayan:20160506230346j:plain

 この神社の絵馬が変わっていて、「鏡絵馬」と呼ばれる手鏡の形をした絵馬なのです。絵馬にあらかじめ描かれた顔を自分の顔に見立てて、美しい女性になれるよう願いを込め、お化粧して奉納するのです。「鏡絵馬」へのメイクは自分の化粧品でした方がいいらしいです。

f:id:yasuu_kusayan:20160506230341j:plain

ちゃんとお化粧室まであります。

f:id:yasuu_kusayan:20160506230345j:plain

方丈記で有名な「鴨長明」は河合神社の神官の家系に生まれましたが、重職に就くことができず世を嘆いて「方丈記」を書いたと言われています。画像は境内に展示された鴨長明が住んだ方丈の復元建築です。

f:id:yasuu_kusayan:20160506230516j:plain

下鴨神社へ参拝に行った際には、女性にはぜひ参拝していただきたい神社です。