読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらっと京都歩き

京都・滋賀の街並み、史跡を歩いた記録です

京都御所の鬼門・猿が辻に伝わる話

京都市のほぼ中央にある京都御苑。この中に御所があります。

江戸時代まではここに天皇がいらっしゃって、

幕末には歴史の大きな転換の舞台になりました。

今は京都の観光名所のひとつとして、静かに観光客を迎えています。

 

僕はときどき御所の周囲を散策します。

 

f:id:yasuu_kusayan:20170115225634j:plain

御所は四方を塀に囲まれていますが、北東の角はなぜか凹んでいます。

風水では北東は鬼門であり、鬼はここから入ってくると言われています。だから鬼が入ってこないように、角(つの)を取っているのだそうです。

 

f:id:yasuu_kusayan:20170115225614j:plain

この場所は猿が辻と呼ばれ、凹んだ塀の屋根の下には猿の彫り物が置いてあります。

猿(申)は北東の反対方向の南西に位置し、邪気を払う力があるとされているからです。

猿は御所の北東方向にある日吉大社滋賀県大津市から遣わされたとされていますが、猿の彫り物は金網で覆われています。

理由を調べると、その昔、この猿が夜な夜な歩き回り、悪さをしたそうで、そのために金網で覆ったのだとか。その後、猿が悪さをすることはなかったそうです。

なかなか面白い話ですね。

 

f:id:yasuu_kusayan:20170115225704j:plain

画像は昨年11月5日に撮影しました。